楽譜の整理は、五十音順ではなく、ジャンルと国別でワクワク感アップ♪

特定の楽譜を早く見つけたいときは、作曲家名をアルファベットや五十音順で整理するのは良いと思うけど、まだ曲が決まってなければ、楽譜の整理方法によって選曲も楽しくなる。ジャンルの後に、国別、そして更に作曲家名で年代順にすると、音楽が生まれてきた国と歴史まで想像出来る。

Gakufu
ジャンルでいうと、例えば:クラシック、ジャズ、タンゴ、チャンソン、ミュージカル、映画、ポピュラー、童謡(はい、私はチェリストだけど、何でも弾いています!)

特に曲の多いクラシックは、更に国別:フランス、スペイン、ドイツ、オーストリア、イタリア、チェコ、ボヘミア、ハンガリー、ロシア、アメリカ、イギリス、北欧、など

作曲家の多い国は、更に作曲家名毎に、五十音ではなく、年代順。例えば:バッハ、ベートーベン 、メンデルスゾーン、シューマン、ブラームス…

こうして整理していると、選曲のとき、私はひとまず客層とイベントに合わせて、国を選んで、その中から今の自分の心がワクワクする曲をチョイスをするけど、年代別にしていると、楽譜をめくりながらそれぞれの作曲家にどんな先輩がいたのかが見えるから、音楽が時代とともに変化して行く流れを感じることが出来る。移住している作曲家も多いので正しいシステムとは言えないけど(ハイドン、ショパン、ドヴォルザークなど)、一人の作曲家の曲を見ながらどんな国に住んでどのように影響を受けたかもイメージ出来る。例えば、ドヴォルザークはチェコのファイルにいるけど、スラヴ舞曲集の後に、新世界を見かけると、ウフフ♪と思っちゃう。どんな気分だったんだろう〜と。

ポピュラー曲も入れるようなコンサートの場合、ジャンル別にしておくと、ひとつの国の関連ポピュラージャンルを選ぶことも出来る(例えば、フランスならシャンソン♪)。主催者からリクエスト曲があれば(例えば「おくりびと」)、関連ジャンルから合いそうな曲は見つけやすい(「おくりびと」なら、他の映画音楽、または日本のポピュラー曲)。

これはあくまでも今の私が使っているシステム。楽器を始めたばっかりなら、譜面はきっと勉強した順で整理しているでしょう。その先は、だんだん曲が増えるから、曲のサイズ順になるでしょう:小品、ソナタ、コンチェルト。アンサンブルが増えたら、編成順:ソロ、カルテット、オーケストラ。

選曲のときに今までやったことない曲を勉強するなら、YouTubeや楽譜屋さんで探すだろうけど、いつか、家の楽譜が山積みになったら、「ジャンル/国/作曲家の年代」で整理して見てください。好みの国とか、好みのジャンルが見えて来るから、もっと同じタイプの曲探してもいいし、まだ勉強し欠けているところも見えて来たら、新しいモーチベーションになるかもしれない♪

私はもう既に夏のコンサートの選曲中♪まだ真冬なのにもうワクワク!

♪〜〜〜〜関連情報〜〜〜〜♪

    〜
LaVita

真夏の情熱のコンサート決定!

  2018年7月14日(土)

【会場】
トーキョーコンサーツラボ
【開演】14:00
【全席自由】
 大人3,500円
 高校生以下1,000円

【出演者】
 
長谷川芙佐子(ピアノ/編曲)
 
石川寛子(ヴァイオリン)
 
大塚幸穂(チェロ)
 
大村典子(ハープ)

【アクセス】
http://tocon-lab.com/access
 東京メトロ東西線「早稲田駅」下車徒歩6分
 東京メトロ副都心線「西早稲田駅」下車徒歩10分

【お問い合わせ&申し込み】Kクリエイト
 Tel 090-1433-1777 Fax 03-5384-5677
 k-create.h.1225@iris.ocn.ne.jp
 
http://k-create.info(ホームページからもお申し込みできます)
【主催】
Kクリエイト

Sachi の
コンサート情報

Sachi の演奏依頼の問い合わせページ

Sachi の
チェロレッスン案内

緊張感を和らぐにはバナナ!

舞台裏で片手にバナナを持っているミュージシャン、想像できますか?それがいるんですよ。アメリカでは、バナナの中に気持ちを落ち着かせる成分があるというのが有名で、オーディション会場に行くとバナナを食べている人が必ずいます。続きを読む…

一人で頑張っているあなた、アドバイスをもらいに行こう

「頑張ればどうにかなる」と思っている真面目なあなたは、多分、向上心にあふれていて、分析力もあり、行動力にも優れていると思う。だから一人で色々出来ちゃうでしょう?素晴らしいと思う。でも時々、疲れませんか?精神的にも肉体的にもそれ以上頑張ることが不可能だと感じる日はときどきありませんか?そういうとき、どなたかに、アドバイスをもらおう。ずっと一人で工夫しながら頑張ってもいいけど、経験者の一言で、ずいぶん楽になる。続きを読む…

考えすぎてどうしたらいいか分からなくなったら、ひとまず、床で休みましょう

音楽の練習でもブログでもメールでも、ときどき考えすぎて、選択肢が多すぎて、頭が Going in Circles - グルングルンと回って、苦労している割には何も進まないときがあります。そういうとき、私は床で仰向けになって休みます。と言っても休んでいるだけではなく「私、何にしている?何したい?」と自分に声をかける。そうすると、すぐにインスピレーションが降りるときもあれば、そのまま寝ちゃうときもあるけど、必ずスッキリする。続きを読む…

「石の上にも三年」を無視したからチェロを続けることが出来たお話し

チェロの先生として、とりあえず3年頑張ってみて!と言いたいときあるけど、私は言わない。辞めたいときに辞めているから、今の生活があるから。続きを読む…

上手な方と一緒に演奏する機会を有効的に使うおすすめ

自分より音楽の経験が豊富な方と一緒に演奏すると、突然上手になった気になりませんか?実際上手になっていると思います!気持ち良くて、その幸せに浸って、今まで練習してきた成果を味わいながら、楽しかった〜で満足するのもいいですが…1人になった途端、戻ってしまう。そんな経験ありませんか?今日のおすすめは、上手な方と一緒に演奏する機会があったら《何がいいのか、言葉を当てる》ことです。続きを読む…

パワフルな人に囲まれているとき、やりたい3つのこと

パワフルな人に囲まれているとき、自分の未熟さに気づいて落ち込むときと、インスピレーションをもらって更に頑張ろうと思うとき、両方あって、何が違うんだろうと思って、少し考えてみた。続きを読む…

内容を磨くか、ハードルを上げるか

今日はどっちするか、生活の中でこの選択肢に会うことが多くあると思います:掃除するか、模様替えするか?草取りするか、種を蒔くか?今ある本を読むか、新しいのを買うか。練習するか宣伝するか!続きを読む…

聞いたことありますか?Rimsky-Korsakov: Hymne au soleil

仕事の帰りに久しぶりにCD屋さんに入って出会ったCDがあります:続きを読む…

チェロとの出会いは、ピアノが怖かったから

チェロをはじめる前に何ヶ月かピアノのレッスンに行ったんだけど、7歳の私にはピアノの魅力を体感出来なかった。続きを読む…

チェロを続けるモーチベーションは全てアンサンブルと仲間♪

「まともに弾けないのにアンサンブルは無理!」と時々聞くけど
もっと上手になりたいなら、アンサンブルに入ればいい!
もっと音楽を楽しみたいなら、アンサンブル入ればいい!
続きを読む…