アメリカの音楽は?と言われたら思い浮かぶ曲:「アパラチアの春」

アメリカを代表する曲をよくリクエストされるけど、文化からジャンルのまで色々あって、代表曲なんか選べられませんが、私の実際の経験からというと、ある一曲が Dear to my heart:コープランド作曲の「アパラチアの春」



この曲の冒頭のメロディーを聞くと、本当に私が育ったバーモント州の草原を思い出す。どこまでも続きそうな牧草地、空の広さ、風の優しさ。それにバーモント州はアパラチア山脈の一部である。だからこの曲を初めて演奏したとき「私の住んでる場所の音楽なんだ」と実感して感動した。

(写真↓バーモント州の風景。祖父と愛犬と散歩。)
Grandpa Field

「アパラチアの春」は元々はバレー音楽、人気に応えてオーケストラの組曲に編曲された。ストーリーの設定は1800年代のペンシルバニア州、主人公は新婚さんたち。新しい家に引っ越すお話で希望や不安の場面もあれば、賑やかな町の雰囲気の場面もある。特に好きなのは庶民的な生活を描いているのような響きだと思う。

この曲で最も有名なメロディーは7曲目「シンプル・ギフト」というメロディーを元にしている変奏曲(18:18からスタート)。原曲の歌詞は、シンプルな生活の魅力について歌っています:

'Tis the gift to be simple, 'tis the gift to be free
'Tis the gift to come down where we ought to be,
And when we find ourselves in the place just right,
'Twill be in the valley of love and delight.
When true simplicity is gained,
To bow and to bend we shan't be ashamed,
To turn, turn will be our delight,
Till by turning, turning we come 'round right.

チェロ独奏で演奏することが多いですが、何と、Yo-Yo Maとアリソン・ クラウスのコラボも見つけました!とっても素敵です。



それに、最近日本で人気の「ピアノ・ガイズ」が「シンプル・ギフト」と「虹の彼方に」をマッシュアップしている動画もありました♪パソコンの力を借りないと演奏できないけど…



素敵なメロディーでしょう。コープランドの「アパラチアの春」は「アメリカの音楽」というよりも、「アメリカにはこういう音楽もある」としか言えないですが、いつかアメリカ音楽を中心に取り上げるプログラムを作って、アメリカ先住民のネーティブアメリカンの音楽からミュージカルやジャズまで、アメリカの豊かな社会と様々な歴史を体感できるコンサートが出来たら嬉しいです♪

♪〜〜〜〜〜〜関連情報〜〜〜〜〜〜♪

2017年11月18日(土曜日)豊島区(東京都)
「げんきの木音楽会in東京~秋風に寄せて~」 
【会場】
anoano 音楽堂【開場】15:30【開演】16:00【入場料】3000円(ドリンク付き)40名限定
【出演者】大塚幸穂(チェロ)、長谷川芙佐子(ピアノ)
【曲目】プレリュード、アリオーソ、クープラン:恋のウグイス〜風車〜編み物をする女、
  鳥の歌、火祭りの踊り、グラナドス:スペイン舞曲集より、ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ、
  エンターティナー、この素晴らしき世界、ムーンリバー、ひまわり、
  映画『ラヴェンダーの咲く丘で』より、枯葉、サウンド・オブ・ミュージック・メドレー、他
【アクセス】大塚 駅より徒歩6分(〒170-0005東京都豊島区南大塚1-49-2ハイム・デルムンド1F)
【お申込み】Kクリエイト 090-1433-1777 k-create.h.1225@iris.ocn.ne.jp


Sachi の
コンサート情報

Sachi の演奏依頼の問い合わせページ

Sachi の
チェロレッスン案内

コンサートの感想として自分の話をしていいと思う

コンサートを楽しんで頂いたとき、演奏者はアンケートや帰りの際に色んな言葉を頂きます。そのとき、コンサートの感想をいうのが普通こもしれないけど、演奏についてではなく、個人的な話をしてもいいと思う。続きを読む…

コンサートの客席でリラックスするには、簡単な呼吸法!

癒しのためにコンサート行くつもりなのに、なかなか落ち着くことができなくて、音楽に入り込むのに時間がかかることありませんか?出演者が一流の音楽家だとしても、何だかの理由で落ち着かないのは勿体無い。そんなときに、誰にも気付かれない、とっておきのリラックス方法は、呼吸法。続きを読む…

コンサートを聴くついでに1泊旅行する人達もいる!館山のおすすめコース

演奏会場から遠くに住んでいる人にでもコンサート案内をする理由は、中にはコンサートをきっかけに1泊旅行する人達もいるからです。そんなお客様から教わった格安コンドミニアムホテルの案内です:グランドビュー岩井(http://www.grandview-iwai.com続きを読む…

緊張感を和らぐにはバナナ!

舞台裏で片手にバナナを持っているミュージシャン、想像できますか?それがいるんですよ。アメリカでは、バナナの中に気持ちを落ち着かせる成分があるというのが有名で、オーディション会場に行くとバナナを食べている人が必ずいます。続きを読む…

共演して下さるピアニストを「伴奏者」と呼んでほしくない理由

コンサートの企画者が、チェロ演奏を依頼して、予算があったからピアニストもお願い出来たとする。「あくまでもチェロがメインでピアノは伴奏ですよ〜」と主張するのように、ピアニストの写真を小さくしたりするのはいいとしても、ピアニストのことを「伴奏者」と呼んで欲しくない理由は沢山ある。続きを読む…

一人で頑張っているあなた、アドバイスをもらいに行こう

「頑張ればどうにかなる」と思っている真面目なあなたは、多分、向上心にあふれていて、分析力もあり、行動力にも優れていると思う。だから一人で色々出来ちゃうでしょう?素晴らしいと思う。でも時々、疲れませんか?精神的にも肉体的にもそれ以上頑張ることが不可能だと感じる日はときどきありませんか?そういうとき、どなたかに、アドバイスをもらおう。ずっと一人で工夫しながら頑張ってもいいけど、経験者の一言で、ずいぶん楽になる。続きを読む…

《今日の好き》What I like about being in the mountainsー何でわざわざ山を登るか

The colors, textures, spaces and intersections, of plants, rocks and skies, and all the creatures who live in between. 植物や石の色や感触の豊かさ、広い空と密集した森、空間もあればそれぞれの交差もあり。いろんなすみかで生きている動物達。続きを読む…

《今日の好き》White in green, Green on white

There is something about birches that make me stop in my tracks. But today it was the lichens on the birches. Such pretty shades of white and green. If you look closely, there are all sorts of browns, grays, yellows and blues. All complementing each other beautifully. Nature really is our most reliable teacher of beauty. @Kaida Plateau, Kiso Valley(開田高原、木曽町)続きを読む…

《今日の好き》山道を支える木と根、形から見える時の流れ

母に教わった:山の土は常にちょっとずつ下へ動く。険しい山でも、Soil Erosion (土壌浸食?)によって、いいずれはなだらかな丘に変わっていく。利用者の多い登山道は特にこのプロセスを早める(草がなくなるから雨が降ると土が雨と一緒に下へ流れる)。これを防ぐために階段を設置する。木の根っこはある意味階段と同じ役目をする。木の根っこが雨や登山者による土の流れを止めているから。続きを読む…