プログラムに曲名を省略するのは勿体無い

クラシックって難しそうだし、お客様に親しみやすいように曲名を省略しているのは分かるけど、勿体無いと思う。原曲の名前の中に、イメージを膨らませるヒントもあるし、コンサートが終わってからもっと知りたい人は本来の曲名を知らないと本当に限られた世界の音楽しか聞けない。

例えば「菩提樹」。聴いたことあるかもしれないけど、原曲名を書き出すとこんな感じ:

F. シューベルト:歌曲集「冬の旅」作品89より第5番「菩提樹」D.911
Franz Schubert: “Der Lindenbaum”, from Winterreise, Op. 89, No. 5, D. 911

(解読:作曲家、編曲、原曲名、作曲家が書いた時期を示している作品番号、抜粋している部分の名前、作曲家の研究者がつけた整理番号)

こんなのがずら〜と書いてあったら「私には無理〜」と思ってコンサートに来ない人もいると思う。だから、チラシには簡単に書くけど、プログラムには書かせていただきたい。その理由は:

①原曲名でイメージが湧く
「菩提樹」の曲を聴いたことあったとしても歌詞は覚えていないかもしれない。でも「冬の旅」という作品の一部だと思うだけでイメージが湧く。イントロのピアノを聴くと風が葉っぱをパラパラ振らせている音に聞こえるかもしれない。

②動画を調べやすくなる
英語もプログラムに載せると、余計にハードルを高く感じるかもしれない。でも、例えば曲を気に入って、家に帰ってYouTubeで聴きたいと思って「菩提樹」で検索すると、ほとんど日本の動画しか出てこない。でも、「Der Lindenbaum」で調べるとこんな動画もある:



③CDを買いやすくなる
曲を気に入って、CDを買いたいと思って「菩提樹、チェロ、CD」で調べても、原曲の名前が出てくるわけ。本当は「冬の旅」の一部だと分からなかったら、そのCDに入っているかどうかも分からない。

④楽譜探しが楽になる
楽譜を手にいれようと思ったら、原曲の名前が必要。「菩提樹、チェロ、
IMSLP」で調べても出てこない。でも日本語でも「冬の旅、IMSLP」で調べると、原曲が出てくる。ラッキーだったら、誰かがすでにチェロのためにアレンジしているかもしれない。

だから、コンサートに来て、プログラムが長くて複雑で冷や汗かいてしまったらごめんなさい。別に興味がなければ無視していいから。でも興味が湧いてもっと知りたい、もっと聴きたくなったら、プログラムを元に次のステップに踏み出せる手助けをしたい。

♪〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

大塚幸穂 第8回 サロンコンサート in 館山(千葉県)
〜チェロとピアノの名曲で、心やすらぐひと時を!〜

 開催日:2017年9月24日(日)
  時間:第1部(昼の部)13:30開場 14:00開演
     第2部(夜の部)18:00開場 18:30開演
  会場:
蜂の駅ひふみ養蜂園2階ホール
  料金:2,500円(ハーブティーとはちみつのお菓子付)
  曲目:サンサーンス/白鳥
     フォーレ/シシリエンヌ
     マスネ/タイスの瞑想曲
     ショパン/序奏と華麗なるポロネーズ
     ダグラス/この素晴らしき世界
     マンシーニ/ムーンリバー
     美空ひばり/川の流れのように
     モノ/愛の讃歌 他
     *曲目は変更になることがあります。
 ご予約・お問い合わせ:090-1910-0368(佐々木)
 FBイベントページ:
https://www.facebook.com/events/511903475817255/

Sachi のコンサート情報

Sachi の演奏依頼の
問い合わせページ

Sachi の
チェロレッスン案内

「やらなくていい」と思うと「やりたくなる」不思議な心理

変な話、私は、「やめていい」と思うと幸せな気分になる。仕事やめていい。チェロをやめていい。日本に住むのをやめていい。今日は「ブログをやめていい」だった。でも、思った直後、書きたくなってしまった。続きを読む…

例え話でごまかすことが出来ない話もある:白人至上主義者

私は7歳まで日本語を喋っていたけど、7歳のときにアメリカに行って発音以外はほとんど忘れた。26歳のときに日本に戻ってきて、日本語で話すのにまだまだ苦労する話題もある。私生活にはもうほとんど困ることない。音楽のお話はまあまあ。難しくなるとき、何とか例え話でごまかすことが出来る。ただ、心に近い内容ほど表現出来なくなる:環境問題、政治、人種差別、性差別、まだ沢山あるけど、辞書を引かないと日本語が分からない。ブログを書けるレベルではない。でも、ブログを書いて、発信することによって、記憶にはっきり残るので、今日覚えておきたい日本語は:白人至上主義(White Supremacy)

先日アメリカのシャーロッツビルで起きた白人至上主義者によるデモが本当にひどく、アメリカ人として心が痛む。

自分の気持ちをもっと説明出来るようになりたい。そして地球の反対に住む日本人たちにも「他人事ではない」とお話が出来るようになりたい。

「白人至上主義」を調べるとアメリカの話が出るけど、お試しに「日本人至上主義」と調べてみたら、
こんな記事もあった。

そもそも怖いんです。「○○人が嫌い」が続くとこの地球がすぐに滅びるんじゃないかと。

「○○人が嫌い」が喧嘩のはじまり。
「○○人が嫌い」が戦争のはじまり。

だから、お願い、「○○人至上主義」はもうやめよう。

♪〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

大塚幸穂 第8回 サロンコンサート in 館山(千葉県)
〜チェロとピアノの名曲で、心やすらぐひと時を!〜

 開催日:2017年9月24日(日)
  時間:第1部(昼の部)13:30開場 14:00開演
     第2部(夜の部)18:00開場 18:30開演
  会場:
蜂の駅ひふみ養蜂園2階ホール
  料金:2,500円(ハーブティーとはちみつのお菓子付)
  曲目:サンサーンス/白鳥
     フォーレ/シシリエンヌ
     マスネ/タイスの瞑想曲
     ショパン/序奏と華麗なるポロネーズ
     ダグラス/この素晴らしき世界
     マンシーニ/ムーンリバー
     美空ひばり/川の流れのように
     モノ/愛の讃歌 他
     *曲目は変更になることがあります。
 ご予約・お問い合わせ:090-1910-0368(佐々木)
 FBイベントページ:
https://www.facebook.com/events/511903475817255/

Sachi のコンサート情報

Sachi の演奏依頼の
問い合わせページ

Sachi の
チェロレッスン案内

シングルマザーが選んだ子供の夏休みの過ごし方

シングルマザーや共働きのカップルは、子供が夏休みに入ると誰に子供のお世話を頼むか悩むでしょう。母が私の為に選んでくれた夏休みの過ごし方の一つは、滞在型「サマーキャンプ」。続きを読む…

雨の日でも外遊びは楽しい

休暇にお出かけするとき、結構の確率で雨が降る。雨女?でも雨の日は雨の日で外で遊ぶ魅力は沢山ある。続きを読む…

BBQの最後は本格的なスモアで楽しもう

キャンプやBBQに誘われたら必ず持って行くのはマシュマロとアルフォート。マシュマロ?と大体笑われるけど、結構自信を持って、最後の最後まで待ってからマシュマロを取り出して、みんなにアメリカのBBQ定番デザート「Smores」について熱く語り出す。笑続きを読む…

お休み中も記事書くのか?

ごめんなさい!まだ分からないです。続きを読む…

憧れは憧れのままでもいいけど、やろうと思えば私にも出来る!と肥料を入れておこう

今日「チェロに憧れている!」と声をかけてくれた人は3人もいた。「出来る出来る!」というのは私の口癖でちょっとうるさいかなぁ、と反省したけど、思い返したら、やっぱり「私にも出来るかも〜」と自信に繋がるように肥料を入れておきたい(変なたとえですみません…)。続きを読む…

自分がやりたいことやると、喜んでくれる人はいる

10年以上チェロのお稽古をやると、上手になる。譜読みが楽にできるようになる。何にでも挑戦できる。ただ「自分の時間で何したいか」も見えてくる。その一つの選択肢として「あんまり沢山練習したくない」というのもありだと思う。とても上手でコンチェルトに挑戦できるレベルなのに「簡単で綺麗な曲を弾きたい」のであれば、それはそれでいいと思う。続きを読む…

好きも嫌いもストレスの元ーときにはただの「今」に戻って充電をしよう

瞑想の先生に言われた:好きも嫌いもストレスの元。嫌いのは分かりやすいけど、好きすぎるのもか〜と考えさせられた。手に入れたいものとか、経験したいものにずっと向かって頑張っても、「今」でないものに意識を向け続けていると、疲れて来るときがある。「今に生きる」= 感謝するとか、愛するとか、カッコいいこと言っている人は沢山いるけど、私はひとまず自分の呼吸に意識を向ける。続きを読む…