楽譜の整理は、五十音順ではなく、ジャンルと国別でワクワク感アップ♪

特定の楽譜を早く見つけたいときは、作曲家名をアルファベットや五十音順で整理するのは良いと思うけど、まだ曲が決まってなければ、楽譜の整理方法によって選曲も楽しくなる。ジャンルの後に、国別、そして更に作曲家名で年代順にすると、音楽が生まれてきた国と歴史まで想像出来る。

Gakufu
ジャンルでいうと、例えば:クラシック、ジャズ、タンゴ、チャンソン、ミュージカル、映画、ポピュラー、童謡(はい、私はチェリストだけど、何でも弾いています!)

特に曲の多いクラシックは、更に国別:フランス、スペイン、ドイツ、オーストリア、イタリア、チェコ、ボヘミア、ハンガリー、ロシア、アメリカ、イギリス、北欧、など

作曲家の多い国は、更に作曲家名毎に、五十音ではなく、年代順。例えば:バッハ、ベートーベン 、メンデルスゾーン、シューマン、ブラームス…

こうして整理していると、選曲のとき、私はひとまず客層とイベントに合わせて、国を選んで、その中から今の自分の心がワクワクする曲をチョイスをするけど、年代別にしていると、楽譜をめくりながらそれぞれの作曲家にどんな先輩がいたのかが見えるから、音楽が時代とともに変化して行く流れを感じることが出来る。移住している作曲家も多いので正しいシステムとは言えないけど(ハイドン、ショパン、ドヴォルザークなど)、一人の作曲家の曲を見ながらどんな国に住んでどのように影響を受けたかもイメージ出来る。例えば、ドヴォルザークはチェコのファイルにいるけど、スラヴ舞曲集の後に、新世界を見かけると、ウフフ♪と思っちゃう。どんな気分だったんだろう〜と。

ポピュラー曲も入れるようなコンサートの場合、ジャンル別にしておくと、ひとつの国の関連ポピュラージャンルを選ぶことも出来る(例えば、フランスならシャンソン♪)。主催者からリクエスト曲があれば(例えば「おくりびと」)、関連ジャンルから合いそうな曲は見つけやすい(「おくりびと」なら、他の映画音楽、または日本のポピュラー曲)。

これはあくまでも今の私が使っているシステム。楽器を始めたばっかりなら、譜面はきっと勉強した順で整理しているでしょう。その先は、だんだん曲が増えるから、曲のサイズ順になるでしょう:小品、ソナタ、コンチェルト。アンサンブルが増えたら、編成順:ソロ、カルテット、オーケストラ。

選曲のときに今までやったことない曲を勉強するなら、YouTubeや楽譜屋さんで探すだろうけど、いつか、家の楽譜が山積みになったら、「ジャンル/国/作曲家の年代」で整理して見てください。好みの国とか、好みのジャンルが見えて来るから、もっと同じタイプの曲探してもいいし、まだ勉強し欠けているところも見えて来たら、新しいモーチベーションになるかもしれない♪

私はもう既に夏のコンサートの選曲中♪まだ真冬なのにもうワクワク!

♪〜〜〜〜関連情報〜〜〜〜♪

    〜
LaVita

真夏の情熱のコンサート決定!

  2018年7月14日(土)

【会場】
トーキョーコンサーツラボ
【開演】14:00
【全席自由】
 大人3,500円
 高校生以下1,000円

【出演者】
 
長谷川芙佐子(ピアノ/編曲)
 
石川寛子(ヴァイオリン)
 
大塚幸穂(チェロ)
 
大村典子(ハープ)

【アクセス】
http://tocon-lab.com/access
 東京メトロ東西線「早稲田駅」下車徒歩6分
 東京メトロ副都心線「西早稲田駅」下車徒歩10分

【お問い合わせ&申し込み】Kクリエイト
 Tel 090-1433-1777 Fax 03-5384-5677
 k-create.h.1225@iris.ocn.ne.jp
 
http://k-create.info(ホームページからもお申し込みできます)
【主催】
Kクリエイト

Sachi の
コンサート情報

Sachi の演奏依頼の問い合わせページ

Sachi の
チェロレッスン案内

英語のネーティブスピーカーが説明する「Plink, Plank, Plunk!」の意味

ルロイ・アンダーソン作曲、弦楽合奏のための可愛い曲「プリンク・プランク・プルンク」、題名を読むだけでも何だかんだ楽しい雰囲気を味わえます。それぞれの言葉に意味はあるけど、冒頭の音楽(レ!ラ、レ。)からいうと、恐らく、高いところから物が何かに打つかりながら転び落ちる音を表現したくて名付けたと思います。続きを読む…

クラシックコンサートに行きたいのに子供が...と悩んでいるあなたへ

クラシックは「やめた方がいい!」と言いたいのは、満席のコンサートで、席が演奏者から遠くて、出入りが出来ない、一曲だけでも1時間以上掛かるようなコンサート。ね ^^; でも「お子様OK クラシック」をネット調べると実は子供大歓迎のオプションが色々出てきます。「ファミリーコンサート」と名付けているならば遠慮なく行けるけど、今日話したいのは、普通のコンサートに見えて、チラシに小さく「未就学児無料」なんて書いているコンサート続きを読む…

コンサート案内「音楽の森~秋風に寄せて」in 東京!

8年ぶりに東京でチェロとピアノのコンサートをさせていただきます!
今回はピアニストの
長谷川芙佐子さんの事務所、Kクリエイトの力を借りて実現することになりました。
会場はアットホームな雰囲気の「
anoano」さん。何と、山手線沿い「大塚駅」から徒歩6分。続きを読む…

アメリカの音楽は?と言われたら思い浮かぶ曲:「アパラチアの春」

アメリカを代表する曲をよくリクエストされるけど、文化からジャンルのまで色々あって、代表曲なんか選べられませんが、私の実際の経験からというと、ある一曲が Dear to my heart:コープランド作曲の「アパラチアの春」続きを読む…

コンサートの感想として自分の話をしていいと思う

コンサートを楽しんで頂いたとき、演奏者はアンケートや帰りの際に色んな言葉を頂きます。そのとき、コンサートの感想をいうのが普通こもしれないけど、演奏についてではなく、個人的な話をしてもいいと思う。続きを読む…

コンサートの客席でリラックスするには、簡単な呼吸法!

癒しのためにコンサート行くつもりなのに、なかなか落ち着くことができなくて、音楽に入り込むのに時間がかかることありませんか?出演者が一流の音楽家だとしても、何だかの理由で落ち着かないのは勿体無い。そんなときに、誰にも気付かれない、とっておきのリラックス方法は、呼吸法。続きを読む…

コンサートを聴くついでに1泊旅行する人達もいる!館山のおすすめコース

演奏会場から遠くに住んでいる人にでもコンサート案内をする理由は、中にはコンサートをきっかけに1泊旅行する人達もいるからです。そんなお客様から教わった格安コンドミニアムホテルの案内です:グランドビュー岩井(http://www.grandview-iwai.com続きを読む…

緊張感を和らぐにはバナナ!

舞台裏で片手にバナナを持っているミュージシャン、想像できますか?それがいるんですよ。アメリカでは、バナナの中に気持ちを落ち着かせる成分があるというのが有名で、オーディション会場に行くとバナナを食べている人が必ずいます。続きを読む…

共演して下さるピアニストを「伴奏者」と呼んでほしくない理由

コンサートの企画者が、チェロ演奏を依頼して、予算があったからピアニストもお願い出来たとする。「あくまでもチェロがメインでピアノは伴奏ですよ〜」と主張するのように、ピアニストの写真を小さくしたりするのはいいとしても、ピアニストのことを「伴奏者」と呼んで欲しくない理由は沢山ある。続きを読む…