野外で弦楽器:演奏者が説明する問題点と対策

Yagai
自然界に沢山のインスピレーションを頂いているので、外でも演奏出来たら地球と一体になって気持ちいいだろうなぁ〜とよく思う。でも、お客様がいらっしゃる企画の一部として野外演奏することとなると、気持ちがガラッと変わる。そよ風が気持ちいいと感じるときもあれば、移り変わる環境が演奏を中止とさせてしまう場合もある。今日は企画者向けに、イベントを成功させるために、そして集まったお客様に失礼のないように、演奏条件、理由、対策、そしてお願いごとをまとめてみました。

野外イベントで一番大事な要素は3点:
【外気温、雨、直射日光】

【外気温】理想的な外気温は20-25
  • 理由:演奏者は楽器を弾くために体温を保つのが大事。寒すぎると、指先の感覚が鈍くなって硬くなる。左手は弦の正しいところをリズムよく押さえるのが難しくなる。右手は指が硬くなると弓を持ちづらくなって落としてしまう危険性も出る。逆に暑いと左手がベタベタしてスムーズに滑らない。汗が楽器に落ちてニスを痛める可能性も出る。
  • 対策:理想な外気温より寒いか暑い場合、舞台に野外ヒーターや扇風機を設置して頂けると助かります。演奏者は寒いときはホッカイロ、暑いときは衣装で体温を維持をして、汗を拭くためのタオルなど用意します。
  • お願いごと①:野外演奏の場合、気温によって演目を変更することがあります。ご了承下さい(寒くて指が硬くなる場合ゆっくりの曲へ変更、暑くて指が滑らない場合音域が狭い曲にしておくなど、調整させて頂きます)。
  • お願いごと②:15度以下、30度以上の場合、演奏中止とさせて下さい(寒いと楽器が割れる、暑いと楽器のニスが溶けるなど、取り返しがつかないことがあるためです)。

【雨】雨天中止の予定でなければ、屋根付き舞台は絶対条件
  • 理由:弦楽器は汚れと湿気から守るためにニスが塗ってあるけど、響を活かすために出来るだけ薄くて柔らかいものになっています。その楽器に水滴が当たってすぐに拭かなければ、ニスが溶け始めて、木が水分を吸い込んで、木が柔らかくなり、いずれは歪んで、楽器の形そのものが変わってしまいます。このため弦楽器奏者はひとまず雨の中弾き続けることは不可能だと思って下さい。屋根付き舞台だとしても雨が吹き込んで来てしまったら、演奏を止めて、雨が当たらないところへ移動して、楽器を拭いてから、また演奏を続けることになります。
  • 対策:屋根付き舞台がない場合、舞台の隣に屋根付きケース置き場を作ることが大事です(よくバーベキューや屋台で見かけるタープなど)。万が一雨が降ってきて演奏中止になる場合、楽器をしまう前に拭かなければいけない。そのため屋根付きスペースが必要です。専用スペースでなくてもいいです。例えば出演者の荷物や音響機材と同じスペースでも大丈夫です。
  • お願い事①:屋根付き舞台、又は屋根付きケース置き場がない場合、雨が降ったら演奏中止ではなく、雨が降りそうだったら演奏中止とさせて下さい。

【直射日光】外気温によるけど、極力避けたい
  • 理由:弦楽器は直射日光に当たると温まって木が柔らかくなって弦の張り具合が緩んで音程が下がる。例えば外気温が28度、直射日光に当たると2分もしないうちに表面が熱くなり、音程が変わり始める。そのまま演奏を続いてしまったら、音程が取りづらいだけではなく、ニスが溶け始めまて、触っただけでも指紋を残してしまう。
  • 対策①:屋根付き舞台がない場合、建物の影などを利用。
  • 対策②:直射日光を避けられない場合、外気温によって演奏時間を調整。例えば外気温が20度ぐらいであれば、それほど早く温まらないので30分ぐらいは演奏出来ます。
  • お願い事①:直射日光が当たって、楽器が温まっている可能性があるとき、控え室を26度以上にして下さい。楽器は急に冷えると、柔らかくなった接着剤が突然固くなって板が剥がれることがあるからです。
一番気にかけて頂きたい3点は「外気温、雨、直射日光」でした。でもまだあります!その他、自然の影響と対策に目を通して下さい:

【強風】譜面台の安定対策
  • 理由:譜面が飛んでしまうことは演奏者が想定してクリップなどいろいろ用意していきますが、譜面台そのものが楽器の方へ倒れてくることがあります。
  • 対策①:しっかりした重たい譜面台を使う。
  • 対策②:譜面台の足元に重しを乗せる(石や台風の浸水予防に使う土嚢など)。

【虫】季節と光に注意
  • 理由:季節と時間帯によって虫の動きが変わります。楽器への害は少ないですが演奏者の集中力が散ることがあります。特に夜の場合、照明に虫が集まって演奏中に身体や楽器に当たってくる事もあります。
  • 対策①:夜の場合、舞台を広くして照明を演奏者の位置から出来るだけ遠く離す。
  • 対策②:蚊取り線香を椅子の下に置いておく。

【飛び物】上から落ちるものにも注意
  • 理由:例えば木の影を利用して舞台を作る場合、木ノ実が落ちて楽器に当たることがあります。又は、毛虫がニョロニョロと降りてきて演奏者をびっくりさせることもありえます。運が悪ければ鳥の糞も
  • 対策①:屋根付き舞台
  • お願い事①:屋根付き舞台がない場合、ステージの位置を決定する前に、演奏を予定している時間帯に(出来れば予定している季節に)しばらくその場で立って自然の動きを観察して、上から舞台に物が落ちる可能性の少ない場所を選んで下さい。
IMG_2951
以上、野外イベントでクラシック演奏者が配慮していることでした。

野外演奏である限り多少のサプライズは付き物だと思いますが、環境に応じて対策をとっておけば、演奏者は当日お客様に喜んでもらえるように自然を楽しみながら音楽に集中してとっても素敵なイベントになります。

私が一番思い出に残っている野外ステージはクーペ&Shifoと一緒に演奏させて頂いた沖縄の
くるくまの森野外ステージ。海のそばで最高だった!次の予定は日高の高麗神社の神楽殿 9/24(月祝日)。ご都合の合う方は是非遊びに来て下さい!

♪〜〜〜〜関連情報〜〜〜〜♪

野外ステージのレンタル情報:Event21

野外音響について:
1万円台からはじめる野外イベント

YouTubeの
ピアノガイズのチェリストは場所によって6台のチェロを使い分けている!

Sachi のコンサート情報

2018924日(月祝日)@ 高麗神社
第8回 鎮守の杜の音楽祭 日高市(埼玉県)
会場:高麗神社 境内 神楽殿
開演:13:3030分)
料金:無料
出演者:大塚幸穂(チェロ独奏)、他
曲目:バッハ:チェロ無伴奏組曲第1番よりプレリュード、他
アクセス:埼玉県日高市新堀833(高麗川駅より徒歩20分)
主催/お問合せ:高麗神社 tel.042-989-1403

Sachi の演奏依頼の問い合わせページ

Sachi の
チェロレッスン案内

クラシックコンサートに行きたいのに子供が...と悩んでいるあなたへ

クラシックは「やめた方がいい!」と言いたいのは、満席のコンサートで、席が演奏者から遠くて、出入りが出来ない、一曲だけでも1時間以上掛かるようなコンサート。ね ^^; でも「お子様OK クラシック」をネット調べると実は子供大歓迎のオプションが色々出てきます。「ファミリーコンサート」と名付けているならば遠慮なく行けるけど、今日話したいのは、普通のコンサートに見えて、チラシに小さく「未就学児無料」なんて書いているコンサート続きを読む…

コンサートの感想として自分の話をしていいと思う

コンサートを楽しんで頂いたとき、演奏者はアンケートや帰りの際に色んな言葉を頂きます。そのとき、コンサートの感想をいうのが普通こもしれないけど、演奏についてではなく、個人的な話をしてもいいと思う。続きを読む…

共演して下さるピアニストを「伴奏者」と呼んでほしくない理由

コンサートの企画者が、チェロ演奏を依頼して、予算があったからピアニストもお願い出来たとする。「あくまでもチェロがメインでピアノは伴奏ですよ〜」と主張するのように、ピアニストの写真を小さくしたりするのはいいとしても、ピアニストのことを「伴奏者」と呼んで欲しくない理由は沢山ある。続きを読む…

テーマのアイディアがあれば、どんどん言って欲しい

音楽家、作曲家、画家、料理人も!みんなクリエーターだと思うけど、インスピレーションは色んなところからくる。その一つは依頼者からいただく指定テーマ。プロのプロデューサーだったら当たり前だろうけど、そうでなければ、「そんな失礼なこと…」「演奏者の都合もあるだろうから…」と遠慮する人もいる。でも、アーティストは意外と喜ぶから、思い切って提案してみて欲しい。続きを読む…

プログラムに曲名を省略するのは勿体無い

クラシックって難しそうだし、お客様に親しみやすいように曲名を省略しているのは分かるけど、勿体無いと思う。原曲の名前の中に、イメージを膨らませるヒントもあるし、コンサートが終わってからもっと知りたい人は本来の曲名を知らないと本当に限られた世界の音楽しか聞けない。続きを読む…

カフェでのコンサートは入りづらいと思っている方へ

聴いてみたいコンサートが地元にあるのに行かない理由に「開催の会場は入ったことないお店だから」と思っている方は結構いるらしい。シャイだからかなぁと思っていたけど、話を聞くと、「カフェでのコンサートはカフェのお客様の為のもので、カフェに行ったことないのにコンサートに行くのは申し訳ない。」と思っている人もいた。続きを読む…

お客様が考える音楽の楽しみ方が実に面白い!

先日頂いた演奏依頼はチェロの生徒様から。ピアノのお稽古をしているお孫さんにアンサンブルの楽しさを伝えたいということで、プライベートコンサートを企画していますが、それが普通にホームコンサートではなく、家族が音楽スタジオに集まって、お婆ちゃんからお孫さんまでアンサンブルを楽しむ時間になりそうです。私と生徒さん(お婆ちゃん)のデュオ、私の独奏、そしてお孫さんのピアノ、お孫さんと私のコラボ。クラリネット吹きのおじいちゃんも絡んでもらいたいなぁ〜 続きを読む…

カンパ制って実際いくら?

金額の決め方がわからないと、帽子が回ってきたとき、他の人がいくらあげてるか覗いたり、帰ってからも「足りたかな?」「 ちょっとあげすぎたかなぁ?」と悩む人もいるでしょう。せっかく楽しいライブの余韻に浸りたいのに、色々気を使って、変えって疲れたりすることの予防に!

→カンパの金額は人それぞれでいい! ということを今日言いたいです。 例えば:
続きを読む…

音楽を伝えるのに、音以外に出来ること

小学生のために、ディズニーもジブリも一曲も入ってない、オールクラシックプログラム。音楽の「表現」を、顔の「表情」で見せると、入り込みやすくなる。続きを読む…

「楽しいコンサートのスペシャリスト 日本サロンコンサート協会」

今夜から「楽しいコンサートのスペシャリスト 日本サロンコンサート協会」の三重県ツアーに参加します。ひと昔前、私も参加した渋谷のチャペルコンサートの動画も見つけました(^o^)/続きを読む…

「◯◯やらなきゃ」を落とせると、感動が増える

あるでしょう?仕事が忙しくて、休みになった瞬間、外で散歩して空を眺めるだけで感動したり...続きを読む…

クラシックファンを増やす魔法使い"The Teaching Artist"

アメリカには「Teaching Artist」という肩書きがあり、クラシックを演奏するだけではなく、クラシックの魅力を面白く伝えてクラシック愛好者を増やしたい人を意味します。続きを読む…

「トーク付きコンサート」が気に入っているわけ

先輩のおもしろおかしいMCでお客様を笑わせて、ニコニコしながら次の曲を楽しみに待っている様子を舞台から眺めると、自分もどんどんやる気が出た。この人たちのためにいい演奏したい!と思った。
続きを読む…